嫌がらせ、誹謗中傷、風評被害、2ちゃんねる書き込み削除にお悩みなら総合探偵社スプラッシュ|IT関係に強い調査員が対応します。

嫌がらせ対策コラム
嫌がらせ対策コラム

嫌がらせを受けやすい人の特徴とその対策

嫌がらせを受けやすい人は、不用意に他人からの怒りを買いやすく、またその怒りに気がつきにくいと言う傾向があります。

例えば、昨今、事件として取り上げられることの多いあおり運転。

このあおり運転に関しても、様々な見解がありますが、あおる側に問題行動はあるものの、そのあおりを誘発させたあおられた側にも原因があるのでは無いかと言われています。

このあおられた側というのが、嫌がらせを受けやすい人の特徴にも当てはまってくるので、今後、嫌がらせを受けないためにも覚えておくと良いでしょう。

周囲をイラッとさせる人

おあり運転の被害に遭いやすい人の中で多い運転が、追い越し車線をずっと走り続ける、ゆっくり走り続けること。

運転者は、運転に集中しているため、周囲が見えていないことが要因とも言えるでしょう。

しかし、その運転が周囲をイラッとさせてしまい、あおり運転を誘発させる原因になっていると言えます。

同様に、嫌がらせに遭いやすい人も、自分では、問題行動を起こしていないと思っていても、周りからしたらイラッとさせる行為を行っているかもしれません。

例えば、自転車置き場での自転車の置き方、ゴミの出し方、趣味のトランペットの練習。

これらをはじめとした、自分自身ではなんとも思っていなくても、周囲には迷惑!と感じさせているかもしれません。

結論から言えば、周囲への気配りが大切ですということ。

少しの配慮と状況判断で、嫌がらせから身を守ることが出来ます。

自己中心的な人

あおり運転で被害に遭いやすい人の特徴で、次に挙げるのが自分本位な運転をする人。

割り込み、蛇行運転、右左折や加速減速を繰り返す。

このような、公道をサーキットと勘違いしているような人物は、周囲に対してイライラを増幅させます。

結果的に、あおり運転を受けやすくなると言えるのですが、嫌がらせを受けやすい人も同様です。

車の整備のために空ぶかしをする

野良猫、野良犬に餌やりをする

窓を開け、大音量で音楽を鳴らす

これらの行為によって、被害を受けたと思った周辺住民は、時として同様の行為や、場合によってはそれ以上の行為を報復行為として行ってきます。

鶏が先か玉子が先かの論争になってしまい、最終的には殺傷事件に発展してしまうといった事案もあるほどです。

嫌がらせを行おうと思っていたわけで無くとも、周囲は嫌がらせを受けたと思わせているかもしれません。

生活環境や時間、ルールと言ったモラルを大切に、周りに迷惑をかけない行動が身を守る術になります。

やられたらやり返す人

最後に、あおり運転に対して、あおり返す人は、問答無用ですね。

嫌がらせも同様で、相手から嫌がらせを受けたと思って、やり返せば、さらなる報復を受けることになります。

あおり運転の加害者の多くは、●●されたと感じたからと後に供述しています。

つまり、本来は、あおり運転をされている訳では無かったかもしれないのに、その怒りのコントロールが出来ず、行動を自制できなかった為、被害者や加害者になってしまったという悲惨な結末に。

同様に嫌がらせ行為も同じです。

相手から嫌がらせを受けたからと言って、嫌がらせを仕返せば、被害者にも加害者にもなり得ると言うことです。

どちらが良い悪いでは無く、嫌がらせを行った側にも、嫌がらせを受けた側にもリスクが付きまといます。

これらのことを念頭に、自制する気持ちが必要です。

まとめ

嫌がらせを受けやすい人を、昨今話題のあおり運転をされやすい人に合わせてお伝えしましたがいかがでしたか?

嫌がらせを受ける理由が、もしかしたらあなた自身にもあるかもしれません。

その嫌がらせを受けないためにも、日々の行動を今一度、見直す機会にして頂けたらと思います。