嫌がらせ、誹謗中傷、風評被害、2ちゃんねる書き込み削除にお悩みなら総合探偵社スプラッシュ|IT関係に強い調査員が対応します。

嫌がらせ対策コラム
嫌がらせ対策コラム

夫の不倫相手からの嫌がらせ!妻の対処法とは?

夫の不倫相手から嫌がらせを受けていたら、あなたはその時どう対処しますか?

夫の不倫相手から嫌がらせ受けている時、妻であるあなたは、夫や不倫相手に対して、だたならぬ怒りや悲しみ、嫉妬など色々な思いを抱くでしょう。

自分の夫と関係を持っているとされる不倫相手。

不倫相手とあなたは、夫を介しての関係性であり、本来ならば、二人が連絡を取ったり、出会ったりということは、めったにないこと。

しかし、不倫相手から嫌がらせをうけている場合、エスカレートをしていくこともあり、直接的な危害を加えられる可能性もあります。そうなってしまうと、こちらも不倫相手を無視し続ける訳にはいかなくなるでしょう。あなたは、不倫相手に毅然とした態度で、しっかりと立ち向かわなければなりません。

今回は、夫の不倫相手から嫌がらせを受けている時の、妻の対処法についてお話します。

夫の不倫相手が嫌がらせをしてくる理由

夫の不倫相手は、どうして妻のあなたに、嫌がらせをするのでしょうか?

それは、簡単な理由。

あなたが、夫の妻であるからです。

不倫相手は、夫の妻であるあなたの存在が、自分よりも認められていると感じて気に障り、何よりもあなたに嫉妬をしているのです。そして、その不倫相手の嫉妬心は、心の中だけでは処理をすることが次第にできなくなり、いつしかあなたに直接嫌がらせをしてくるようになっていきます。

嫌がらせもいつかは終わるだろうとそんな風に楽観的に考えていては、危険。不倫相手は、嫌がらせに対してあなたが、反応しないことに更に腹を立て、今よりも陰湿な嫌がらせをしてくることも考えられるでしょう。嫌がらせを受けていたら、できるだけ早く対処をしていくことが大切といえます。

不倫相手からの嫌がらせの内容

ここからは、不倫相手からの嫌がらせの内容を見ていきましょう。

電話での嫌がらせ

不倫相手は、妻に電話で嫌がらせをしてきます。

不倫相手は、電話で偽名を使ったり、名前を名乗らないことも多いもの。

公衆電話を使う、非通知で電話をする、電話での音声を変えるなど、特定されないよう、不倫相手は、あの手この手を使って妻に電話をかけてくるでしょう。そして、脅し文句を言い、恐怖心を抱かせるようなことを言ってきます。電話に出なかった場合は、留守電に入れてくることもあります。電話での嫌がらせは、一回で終わりではなく、何十回や何百回と長期に渡って繰り返し行われることも多いといいます。

SNS上での嫌がらせ

不倫相手は、SNS上で嫌がらせをしてくることもあります。

TwitterやFacebook、InstagramといったSNSであなたのアカウントを見つけ、それに対して不倫相手が、ただならぬ嫉妬心を感じてしまうということはよくあること。SNSのアカウントに、プライバシー設定をかけているから大丈夫と思っていても、あなたの友人が何気なく載せている写真を見つけ、そこにいるあなたと夫の姿を見てしまったということもあるでしょう。

あなたと夫が楽しそうに映っている写真を見たり、子供と一緒に家族団欒をしている写真を見たりと、SNS上での情報は、知らない第三者に漏れやすく、不倫相手の嫉妬心に火をつけてしまうことも多いもの。

そして、あなたには、いつしか知らない人からメッセージが届くようになります。最初は、好意的なメッセージをわざと送ってくる人も中にはいて、あなたが、相手に心を許し、何か個人的なことをつい言ってしまうこともあるかもしれません。

そして、不倫相手は、Twitterや掲示板などであなたの情報を言いふらし、誹謗中傷してくることも。また、いきなり来たメッセージに、「死」を連想させるような内容が書かれていることもあるでしょう。

SNSでの嫌がらせは、過激化しやす一面があり、注意が必要といえます。

夫の不倫相手への対処法とは?

ここからは、夫の不倫相手への具体的な対処法を見ていきましょう。

探偵事務所へ相談する

夫の不倫相手の嫌がらせに困っていたら、探偵事務所へ相談することがおすすめ。不倫相手からの嫌がらせという家族や友人などといった人には相談しずらい問題なだけに、一人で悩みを抱えこんでしまうという人も少なくありません。

そんな時は、あなたのプライバシーをしっかりと守ってくれる探偵に相談をするとよいでしょう。

嫌がらせをうけている時は、まず、相手を特定し、証拠を抑える必要があります。そして、その証拠見つけることを仕事としている探偵は、調査のプロといえる存在。

ここは、一人で抱えこまず、是非、探偵に相談をしてください。

探偵は、調査だけなく、アフターフォローもしっかりと行っており、これからのどのように対処をしていけばよいのかをあなたと一緒に考えていきます。

弁護士へ相談する

ケースによっては、弁護士へ相談することも、必要になるかもしれません。

探偵に相談をし、証拠となるものが集まり、法的な手段を取らざるおえないという状況になった場合は、弁護士へ相談をしていくことが得策です。

あなたが相手に慰謝料を請求できるケースもあるため、しっかりと弁護士に話を聞いていきましょう。

まずは、是非、探偵社にご相談ください。

嫌がらせの担当員が、親身になり、あなたのご相談に乗ります。

そして、問題解決に向けて、最善の方法を探偵と一緒に考えていきましょう。