嫌がらせ、誹謗中傷、風評被害、2ちゃんねる書き込み削除にお悩みなら総合探偵社スプラッシュ|IT関係に強い調査員が対応します。

嫌がらせ対策コラム
嫌がらせ対策コラム

旅行・帰省中の【コロナ嫌がらせ】どう防ぐ?3つのポイントで楽しい旅を

「Go Toトラベル」が始まり、旅行者の数が増えてきました。

しかし楽しいことばかりではありません。

帰省や旅行など都道府県をまたいで移動したきた人達に対して、嫌がらせをする者もいます。

「県外(他県)ナンバー狩り」・誹謗中傷・入店お断りなどの被害に遭えば、せっかくの旅が台無しですよね。

旅行先での嫌がらせを避けるために私達ができることは何なのか、3つのポイントを紹介します。

ポイント①公共交通機関を使わない

旅行先が遠い場合、電車・新幹線・飛行機といった交通機関を利用しますよね。

便利な一方、旅行者や地元の方などたくさんの人が乗っているため、トラブルが発生しやすいとも言えます。

例えば子どもが少し咳をしただけでも、冷たい目で見られたり、「コロナ感染者だ」と噂されたり。

移動中もピリピリしたくないなら自家用車やレンタカーでの移動がおすすめです。

運転する親は大変ですが、子どもやパートナーの安心・安全を思うなら車移動に切り替えましょう。

ポイント②宿泊先での外出を控える

「帰省や旅行時には観光施設に寄ったり、お土産屋さんをまわったりしたい。」

その気持ちはわかりますが、コロナが落ち着くまでは我慢しましょう。

実家・旅館・ホテルなど宿泊先でまったりと過ごすだけでも、十分リフレッシュになります。

ブラブラと外出していると、「〇〇から来たの!?早く帰って!」「こんなときに来るなよ」といった悪口を言われるかもしれません

今回は宿泊先でゆっくりすることを目的にし、お出かけはまたの機会にしましょう。

ポイント③マスク着用・こまめな消毒をする

旅行先でも、普段と同じようにマスク着用・こまめな手洗いやアルコール消毒を行いましょう。

マスクをつけていない・発熱などの状態では飲食店の入店を断られる可能性があります。

それを見たまわりの地元民や観光客から、悪意を向けるべき標的に選ばれるかもしれません。

しっかりとコロナ対策すれば、旅行先にコロナを拡大させたり、帰ってからコロナ感染に気付いたりといったケースを防げます。

コロナ自体を避けるためにも、コロナ差別・嫌がらせをされないためにもエチケットを守りましょう。

まとめ

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、帰省や旅行での注意すべきポイントを挙げました。

この3点に気をつければ、旅行先での嫌がらせ・誹謗中傷される確率がグンと下がるでしょう。

それでも悪質な嫌がらせ・コロナハラスメントに遭ってしまったら、当社スプラッシュジャパンにお任せください。

加害者を特定し、問題解決に導きます。