嫌がらせ、誹謗中傷、風評被害、2ちゃんねる書き込み削除にお悩みなら総合探偵社スプラッシュ|IT関係に強い調査員が対応します。

嫌がらせ対策コラム
嫌がらせ対策コラム

引っ越しは最終手段!【コロナ嫌がらせ】まずは探偵に依頼を

「出ていけ!」「こっちが感染したらどうするんだ!」

と嫌がらせを受けていませんか?

コロナに感染した方や家族・医療関係者の名前・住所・職場などがSNSで共有され、引っ越しを余儀なくされる人が出てきました。

精神的に追い込まれる毎日から解放されたいですよね。

今回はコロナ嫌がらせで引っ越しを考えている方に、引っ越し以外の解決方法を提示します。

コロナ嫌がらせで引っ越しへ

新型コロナウイルス感染症の感染者・濃厚接触者・医療従事者。

何も悪いことはしていないのに、嫌がらせを受けている人々がいます。

ネット上で名前や住所・勤務先などが特定され、「出ていけ」と張り紙をされたり、電話やメールが殺到したり。

通勤通学や費用を考えると、できれば引っ越したくない・・・。

でも感染者と関係者に対する嫌がらせが激化し、引っ越しせざるを得ない状態に。

病気を起こすウィルスではなく、かかってしまった人間を差別するとは何とも悲しいですね。

人権への配慮を呼びかけるが・・・

「コロナハラスメント」「コロナヘイト」「自粛警察」と呼ばれる現象は人権侵害に発展するケースもあります。

徳島市などの自治体では感染者や関係者の人権配慮を呼びかけています。

ただ、「やめましょう」「お願いです」といった言葉はなかなか加害者には届きません。

皆さんコロナへの不安・不満がつのり、一部の人にとっては誰かを攻撃することでストレス発散になっているのでしょう。

「コロナ差別・嫌がらせをしないように」との声掛けは虚しく響くだけです。

警察は動いてくれるのか?

では嫌がらせ・誹謗中傷や営業妨害などを受けた場合、警察は動いてくれるのでしょうか。

例えば張り紙による嫌がらせは刑法上の犯罪が成立しますが、残念ながら「難しい」というのが答えのようです。

警察は凶悪な事件が発生したときは対応してくれるものの、張り紙程度では対応してくれないことがほとんどです。

証拠がないならなおさらです。

引っ越しを決意する前に、探偵に依頼してみてはいかがでしょうか。

写真・動画を撮ったり、防犯カメラを設置したり、犯人を特定したりといった具体的な行動に移し、スムーズに解決することができます。

まとめ

新型コロナウイルス感染症の感染者・関係者への嫌がらせが激化し、引っ越しを考えていませんか?

「自治体が人権配慮の声掛けをしてくれたが、状況が変わらない。仕方ないから引っ越すしか・・・。」

いえ、もう少し待ってください。

探偵に依頼すれば速やかに犯人を見つけ出し、問題解決に導きます。

嫌がらせでお困りでしたら、当社スプラッシュジャパンにお任せください。